BLOG

これまでの軌跡

神戸の文化遺産 北野最古の異人館 プロジェクト By ROUGH LABO

コラム

はじめまして、代表の山本宝(やまもとたから)です。

2022年1月より、北野最古の異人館をお借りして新しい取り組みをスタートしました。

私は神戸に生まれ育ち、現在は新神戸で暮らしています。海も山もあり異国情緒溢れるこの神戸の街が大好きです。
OLを辞めて24歳のときにROUGH LABOを創業し、現在は関西でコワーキング・カフェを2店舗運営し、神戸市の街づくりや司会業、関西学院大学の国際学部で非常勤講師を行っています。

5年間活動を続けていく中で、学生や経営者、地域の方々とたくさんのご縁をいただき、お仕事させていただく中で、神戸の街の人の声を聞く機会が多くありました。

『街に新しいものが少ない』
『平日は閑散として寂しい』
『神戸から若者が離れている』

そんな声を聞くうちに、これまでの経験を活かして神戸にも「人が集まる場」を作り、この街の魅力を世界へ発信できないかと考えるようになりました。

 

■憧れの北野異人館が舞い降りた

神戸を歩きながらたくさんの物件を見て回りましたが、いつも気付けば領事館が立ち並ぶ北野異人街で、異国の方々が暮らした洋館にぐいぐい惹きつけられている自分がいました。

「いつか異人館で事業ができたら夢のようだけど、さすがに文化遺産は借りられないよな…」「スターバックスさんが羨ましい…」と指をくわえて眺めていました。

しかしそんな私に、次々と奇跡が起こるのです。

なかなか理想の物件との出会いがなく落ち込んでいたタイミングで、地域の不動産屋さんから、まさかの北野で最古の異人館をご紹介いただいたのです。

「でもこんな文化遺産でできるはずないし、見にいくだけでも良いよね…」という気持ちで現地へ向かったのですが。

物件のオーナー様に私がこれまでやってきたこと、そして 『異人館を舞台に北野神戸の街を盛り上げたい 』という想いを伝えたところ、目が飛び出るような好条件でお借りすることができました。

そして異人館の物件を借りることになった後には、内装設計を学ぶ人、企画が得意な人、動画クリエイター、北野神戸を盛り上げたい人など、特技を持った心強い仲間たちが続々と集まってきました。

 

そして私たちは今、北野最古の異人館「旧スタデニック邸」を舞台に
出逢いやアイデアが交流する神戸の新たなシンボルを作ることにチャレンジしています。

1階は女性が集まる神戸一の観光カフェに。2階はクリエイティブな大人が集う遊び場に。

① コラボアフタヌーンティ (平日限定12:00〜20:30)

東京で大人気のジンジャーガーデン青山様とコラボし、期間限定プロジェクトから誕生したコラボアフタヌーンティ 。1日限定12組限定とさせていただいております。ご予約は全て食べログから承っております。ありがたいことに、月300名の女性が訪れるほどの人気アフタヌーンティとなっています。食べログサイトは(コチラ


②異人館の2Fをクリエイティブな大人が集う遊び場に。

明治20年に建設された歴史ある本館に、神戸が大好きなクリエイティブな人が活動できるアトリエ(次世代型コワーキングスペース)を作ります。異国情緒な空気が漂う街にある文化遺産を拠点に活動なんてすれば、創造的で革新的なものが生まれてくるに違いない。神戸市が134年も大切に守り続けてきたこの異人館を使って、クリエイティブに遊びたい。楽しいところに人が集まると言われるように、企画・交流のできる場として、「クリエイターやタレント性のある若者の聖地」となることを目指していきます。

私たちの定義するクリエイターとは、『今までにないことをして社会を変化させていく人』

北野メディウム邸が誕生しクリエイターが集まりプロジェクトが進みはじめています。

・学生主催による1dayDJイベント
・アート個展
・NFTアート
・展示会
・VR(100年前の異人館を体験できるVRメガネ)プロジェクト
・プロジェクトマッピング企画
・ショートドラマプロジェクト

北野最古の異人館で、最先端の技術を使ったバーチャルな世界も同時につくり老若男女関係なく楽しめるコンテンツを作っていきたいです。

館内の1階にはセルフ動画配信スタジオ、2階には編集ルームを作り、どなたでもYoutubeやSNS、北野メディウム邸ポータルサイトなどの媒体に、配信できるスペースもつくります。北野メディウム邸に訪れたみなさまが主役となり、リアルの場とデジタルの世界を連動し、この場所で日々起きるコトを多くの方に配信予定です。そして将来的には神戸の地元商品をご紹介したり、北野神戸の住民の方と共に映像やドラマを撮影し、地域の皆さまと共に創る「メディアの拠点」になれたらと考えています。

北野メディウム邸」という名前の由来は、
メディウム(Medium)とは、メディアの語源で「下地」という意味もあり、人々を輝かせる素地となることをイメージしています。またヨーロッパでは、メディウムは神の言葉を人々に伝える媒介者という意味として使われます。北野神戸の古き良き伝統や文化を、私たちらしく次世代の若者に伝え、未来への繋がりを創っていきたいです。

神戸は今、スタートアップや国際フォーラムが立ち上がる先進都市になろうとしています。

行政が子育て支援や起業家支援、アートやスポーツに力を入れていることで「住みやすい街」として常に名前が上がり、
また、国際都市としてのブランドによって、アジアで初めての国連UNOPSの拠点が置かれたほど世界からも注目されています。

北野メディウム邸は、神戸に暮らすクリエイティブな大人の遊び場となり、若者たちが集まる発信基地になるような新たなシンボルとなることを目指していきます。

世界中の女性たちがカフェ・アフタヌーンティに立ち寄り、神戸に訪れるキッカケに。
ワクワクするものを仕掛けたいクリエイターたちにとっては、アトリエやスタジオを使って表現する場に。
北野最古の異人館という舞台で、今までみたことないもの、まだ誰もやったことないものを生み出していきたい。

神戸の街に貢献していけるよう、取り組んで参ります。応援いただけると嬉しいです。

 

ご支援いただいた資金は、
「北野最古の異人館の維持費」「北野メディウム邸からうまれるクリエイティブな活動資金」に充て、
大切に使わせていただきます。

動画制作費、コンテンツ制作費、運営人件費など。

 

■2016年よりスタートした学生・20〜30代の若者を応援するブランドコミュニティです。元々キャリアコンサルタントとして活動していた代表・山本宝が「新しいことにチャレンジしたい若者や女性」が集まる場を作りたいと、2016 年 11 月時のクラウドファンディングにて約 100 万円の資金調達。翌 12 月に元々赤字だった大阪・扇町のコワーキングスペースの一部を借受し、独自ブランドのコワーキングカフェをオープン。経営者をお呼びしたワークショップ・女性起業家交流会・BitcoinMeetupなどのイベント企画が口コミで広がり、年間 1 万人名以上が集まる人気スペースとなりました。

2017 年 12 月には大阪・肥後橋に 2 店舗目をオープン。新たに飲食業(フィッシュバーガー専門店SALUSALUL&カフェバー)にチャレンジし、関西で起業を目指す学生や若者が口コミで集まり、スペースが空いた時間にはママが利用し、幅広い世代の人が遊びにくる、たくさんの人に愛される場となりました。

これまで大阪を中心に活動していましたが、今後は出身地である神戸にも拠点を増やし活動の幅を広げていきます。

【北野メディウム邸 by RoughLabo】
プロジェクトに関わっているメンバーをご紹介させていただきます。

-内装担当-
永本聡(神戸大学大学院)「神戸らしく、落ち着きと発見を兼ね備えた空間をつくります」
南湧太(関西大学)「”想い” と“人”を紡ぐ存在になりたい!」
Gene(大阪工業大学)「自然に回帰する建築を目指します」

-現場運営-
崔 勝虎(運営メンバー)
長谷川俊樹(運営メンバー)
吉田和馬(動画製作メンバー)

-ROUGHLABO-
野澤友希・松浦早苗・土屋ちえみ・廣木雄一郎
肥後橋店舗メンバー「北野神戸、肥後橋の両方の店舗を盛り上げていきたいです」

神戸の文化遺産 北野最古の異人館 プロジェクトに関する支援チケット

ご購入のサイト →( URL CLICK

・ROUGHLABOアロマ精油(3,900円)

・北野メディウム邸アロマ精油  (10,000円)

・3分CM制作(100,000円) 

・代表 山本宝の登壇(100,000円)

・若者向けイベントスポンサー1日間北野メディウム邸貸切券 (100,000円)

・神戸の文化遺産を支える支援者(1,000,000円)

 

※ご質問等は、『公式LINE』までメッセージをいただけますと幸いです。

皆さんと共に、北野メディウム邸を拠点に北野神戸を盛り上げていきたいです。

どうぞよろしくお願いします。

 

CONTACT CONTACT

お仕事依頼
メディア取材依頼はこちら